ホーム 태그 ウェブホスティング

태그: ウェブホスティング

Sitegroundは、すべての共有プランにわたって均一な割引を適用します 3月16日、Sitegroundはすべての共有計画に均一な割引を適用します。 これにより、GrowBig計画とGoGeek計画の価格がさらに向上します。 Sitegroundは、USDとGBPのすべての価格に対して60%の割引を適用し、EURとAUDに対しては50%の割引を適用します。 GrowBig計画では7.95ドルから5.95ドルに、GoGeek計画では14.95ドルから11.95ドルに引き下げられたようだ。 私の友人の一人はSitegroundを使って、安定していると言い、パフォーマンスは十分です。 特に、彼らは良いサポートを提供しているようです。 PC Magazineのレビューによると、Sitegroundの利点には、パフォーマンスとセキュリティの向上、自動バックアップ、優れた顧客、テストの優れた稼働時間などがあります。 ただし、共有プランではストレージと帯域幅が制限されています。 Windowsサーバーのオプションはありません(ただし、WordPressサイトを実行しても問題ありません)。 Sitegroundの共有ホスティングは、毎月10,000回、25,000回、毎月10万回訪問するサイトに最適です。 私はこのブログのBluehost VPS計画を使用しています。 SitegroundのGoGeekに移行すると、私はお金を節約できます。 (しかし、私は現在Bluehostに満足しており、私のアカウントは最近更新されました。現在のアカウントが期限切れになるとSitegroundに変更することを検討します)。 注:私はこの記事を翻訳するためにGoogle翻訳を使用しました。
ブルーホスト(Bluehost)は、海外のウェブホスティングの中でよく知られているウェブホスティング会社の一つです。しかし、ブルーホストの共有ホスティングサービス(Shared Hosting Service)を利用した一部のユーザーは、時折不安定なサービスのために不満を吐露したりします。 私も最初はブルーホストの共有ホスティングサービスを利用しましたが、時々不安定になる現象で悩んでました。そうするうちにSupport Teamとの対話である」は、共有ホスティングは、大きなスペースを多くのユーザーが共有するため、特定のユーザーが、あまりにも多くのトラフィックを占め、他のユーザーに影響を与えることができる」という言葉を聞くようになりました。 だから最終的に、より信頼性の高い高速な現在のBluehost VPSサービスを使用しています。今安定性が大幅に向上し、速度も大幅に向上しました。 Pingdom Website Speed Testサイトで測定した速度です。 有料ワードプレスのテーマであるPlutoを使用したメインブログの速度を測定します。 https://tools.pingdom.com/#!/8T12g/https://www.thewordcracker.com/ https://tools.pingdom.com/#!/ZFqQk/https://www.thewordcracker.com/ https://tools.pingdom.com/#!/dZI1ms/https://www.thewordcracker.com/ 約1.66秒から3.26秒の間の速度が出ますね。平均3秒程度が出てくるようです。 (実際にはサイトの最適化が少ないされた部分があり、キャッシュのプラグインを有料に変更する速度を2秒内外で維持することができるものと予想されます。) しかし、このブログの速度を見てみると、1秒前後が出てきます。 上の図は、604ミリ秒、1秒未満の速度を示しています。 https://tools.pingdom.com/#!/dxg5Qp/http://thewordcracker.com/simple/ https://tools.pingdom.com/#!/cvLd0g/http://thewordcracker.com/simple/ しばらく前に、他の方が私と同じブルーのVPSのホストを選択したが、そのサイトでも1秒程度の速度が出ました。 サイトの最適化、キャッシュプラグインのインストールなどの措置を通じて速度を十分に1秒〜3秒内外を維持することができるようになります。個人的な考えは、Buehost VPSが最も歌声非良いサービスではないかと思われます。共有ホスティングの場合、無限の空間/無制限のトラフィックには明らかな魅力がありますが安定したサービスのためにVPSがよさそうです。低コストで無制限の容量/トラフィックを安定的に運営するには、iPageを利用みることもできます(「iPage期限」を参照)。